Every Refreshは、人に役立つ運営を目指しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ドリームスイッチは目が悪くなる?」と心配な方へのアドバイス!!

読み聞かせや寝かしつけをイメージした画像です。 知育・玩具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

“寝かし付け”にとても効果があるおもちゃとして人気の高い、セガトイズから発売されている『Dream Switch(ドリームスイッチ)』

おもちゃと言っても性能や機能はかなり優れた商品で、様々なレビューで高評価を得ています!

『Dream Switch(ドリームスイッチ)』を、実際に使用して“知育”“寝かし付け”に絶大な効果がある!といった感想が多い反面、

これからの購入を考えている方の中には、暗い部屋でプロジェクターを使って映し出した映像を小さな子供に見せていると「目が悪くなってしまうんじゃないの?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「ドリームスイッチは目が悪くなる?」という疑問について調査し、お子様にとって良い使い方や対処法・アドバイスをご紹介いたします。

・『Dream Switch(ドリームスイッチ)』とはどういうものなのか?
・「ドリームスイッチは目が悪くなる」影響があるのか?
・視力に影響を及ぼさない対処法やアドバイスとは?

など、可能な限り徹底的にお伝えしていくので、気になっている方は

ぜひ最後までチェックしてみてください!!

※いち早く内容を知りたい方は「目次」より読み飛ばして下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Dream Switch(ドリームスイッチ)』とは!?


ディズニー ピクサーキャラクターズ Dream Switch(ドリーム スイッチ)

※以下『ドリームスイッチ』と表記します。

そもそも『ドリームスイッチ』とはどういう商品で、どんな効果があるのか?ということについて触れてみたいと思います!

『ドリームスイッチ』は、お子様の成長を願って開発された“読み聞かせ”ができるプロジェクター

日々の「寝かしつけ」や「読み聞かせ」がとてもラクになり、家事に追われて忙しいお母さんの負担がとても軽くなるという超優れもの!!

「本当に効果あるの!?」って思いますよね。

本当なんです!!

『ドリームスイッチ』を使用すれば、親子のスキンシップが自然と生まれ、毎日の就寝時間が楽しくなるだけじゃなくお子様の心も豊かに成長します。

あの「教育評論家 尾木ママ」も推薦しています!!

詳しくは以下のページでご紹介していますので、ご参考にしてください。

そして、本を持たなくていいので腕に負担がかからず、読み聞かせが毎日ラクに続けられるというのが特徴!!

だから、お母さんの自分時間にも“ゆとり”が生まれます(*^^*)

さらに、このドリームスイッチを使用することで得られる効果として“日本語や英語”について学べるということ!

英語学習の低年齢化が進むなか、「ABCアルファベット」や「あいうえお」など言葉のコンテンツも多数収録されているのでお子様の創造力やコミュニケーション力、集中力、語彙力のアップにつながります!!

寝る前に聴くことで、脳へのインプットがとてもスムーズに!!

そして寝かしつけや読み聞かせがとても楽になることで、お子様だけじゃなく読み聞かせをするお母さんや時にはお父さんも楽しいひと時を過ごせるようになります(*^^*)

そして、子供さんが早く寝室に行くようになったり

また言葉の勉強になり早く言葉を覚えるようになる

といった効果が得られるようになります!!

日本の子供達は「世界で最も寝不足な子供達」とも言われていますので、早く寝る習慣がつくというのは成長にも発育にもとても大切なことですよね!

それでは、ここからは『ドリームスイッチ』が目に与える影響はあるのか?についてご説明していきます。

『ドリームスイッチ』は目が悪くなる?

『ドリームスイッチ』は、“寝かしつけ”“読み聞かせ”には効果絶大で、小さなお子様に対し永く使い続けられるおもちゃ!

といっても、「おもちゃ」というカテゴリーでは収まらないほど優れた商品なんです!!

それだけに「使ってみたい!」というお母さんは多いんですよね(*^^*)

『ドリームスイッチ』には“4段階の明るさ調整機能”があり、お子様の視力低下を防ぐための対策はちゃんとされています。

映像を観るという行動が、テレビやスマホの動画を観る行為と重なりがちですが、

テレビやスマホのように光を発しているものを直接見るわけではないので、視力への影響は少ないと考えられています。

それでも寝室という暗がりのなかで映像を観ることになるので、

豆電球やナツメ球を点けた状態でドリームスイッチの明るさを下げたり、

全く電気をつけない状態でドリームスイッチの明るさを調整しダウンライト照明のように使用したりといった工夫が必要かもしれませんね。

ただし個人差があり、特に小さなお子様は目が見えにくくなっても自ら伝えられないので様子を見ることを心掛けましょう!

 

視力低下の原因となることとは?

ここからは『ドリームスイッチ』を使用する以前に、視力の低下につながる原因となることについて考えてみましょう。

視力低下の主な原因として挙げられるのが、ゲームやスマホなどを近い距離で長時間見続けることにより、

近いものばかりに目のピントが合うようになり、遠くのものにピントを合わせる力が低下し見えにくくなります。

こうした習慣を日々繰り返すうちに視力の低下へとつながっていくのです。

『ドリームスイッチ』は壁や天井に大きく映し出すプロジェクターなので、布団やベッドで横になった状態で観ることが大半です。

仰向けになった状態で観たとすれば、映像まで約 2m 以上は離れていることになります。

そのため、比較的に視力低下への影響は少ないとされているのです。

 

視力低下が心配な方へのアドバイス!!

『ドリームスイッチ』が視力低下への影響が少ないとわかっても、お子様のことを思えばこそ「大丈夫かな?」と気になりますよね。

そこで「視力低下が心配な方へのアドバイス」として、3つのポイントをご紹介いたします!

POINT.1
長時間の使用を避けるようにする!!
『ドリームスイッチ』に収録されているお話は1話あたりが約10分程度。“おたのしみ”といった「ことば遊びコンテンツ」については約3分程度と短めなので、「1日に1つから2つしか観ない」ように決めて長時間見ないように気を付けましょう!
POINT.2
最適な距離で投影する!!
『ドリームスイッチ』の最適投影距離は 2mとなっており、その際の投影範囲は幅約 1m(50型)のサイズ!
※最大で投影距離 約 2.6m、幅約 1.3m(60型)。
天井に映して使用するなら自然と 2m以上の距離になると思いますが、壁などに映す場合も適切な距離を保つようにしましょう!
POINT.3
本体や部屋の明るさを調節する!!
『ドリームスイッチ』本体の“4段階の明るさ調整機能”や、お部屋の明るさを調整しましょう。お子様のなかには明るさに弱い体質の方もいるので、様子を見ることを心掛けましょう!

こうした事に気をつけて使用すれば、『ドリームスイッチ』はお子様の知育や自主性を育むのにとても役立つ商品です!

子供さんが早く寝室に行くようになったり

また言葉の勉強になり早く言葉を覚えるようになる

といった効果が得られるようになります!!

お子様だけじゃなく読み聞かせをするお母さんや、時にはお父さんも楽しいひと時を過ごせるようになりますよ(*^^*)

「子供とのコミュニケーションを大切にしたい」
「小さな頃から言葉をしっかり学ばせたい」
「自分の時間が欲しい」

といったお母さんの願いや悩みの改善に役立ちながら、お子様とのコミュニケーションを大切に過ごすことがきっとできる『ドリームスイッチ』!!

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!!

【まとめ】

今回は、「ドリームスイッチは目が悪くなる?」という疑問について調査し、お子様にとって視力に影響を及ぼさない使い方や対処法・アドバイスについてご紹介させて頂きました。

『ドリームスイッチ』には“4段階の明るさ調整機能”があり、お子様の視力低下を防ぐための対策はちゃんとされているため視力への影響は少ないと考えられています。

それでも心配という方は、

・長時間の使用を避けるようにする!!
・最適な距離で投影する!!
・本体や部屋の明るさを調節する!!

といったポイントに気を付けて使用するように心掛けましょう!

お子様の知育に役立つ『ドリームスイッチ』!!

気になった方はこの機会に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!!

『「ドリームスイッチは目が悪くなる?」と心配な方へのアドバイス!!』を、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知育・玩具
takatomiをフォローする
Every Refresh

コメント

タイトルとURLをコピーしました