スポンサーリンク

ケサランパサランの餌“おしろい”の選び方や飼い方をまとめてみた!!

ケサランパサランの餌“おしろい”の選び方や飼い方をまとめてみた!!のアイキャッチ画像です。 トレンド
スポンサーリンク

こんにちはTakatomiです。

見つけると幸運がもたらされると言われている不思議な存在の『ケサランパサラン』

日本全国には、『ケサランパサラン』を“家宝”として扱っている家や、“守護神”として祀っている神社などがあるのだが、

飼っていると増殖することもあり、持ち主に幸せを呼んだりすると言われる。

もし自分が見つけた時には、どうやって飼育すればいいのか疑問に思うだろう。

そこでこの記事では、見つけると幸せが訪れると言われている『ケサランパサラン』の

“飼育(保管)の仕方”“餌(えさ)の選び方”について調査してみたのでご紹介いたします。

実際にされている方も多い方法なので、最後まで読み進めていただければ

『ケサランパサラン』を見つけた時に、あわてず対応できるハズ(^^)

可能な限り正確な情報を徹底的に調査しお伝えしていくので

気になっている方は、ぜひチェックしていただきたい!!

※いち早く内容を知りたい方は「目次」より読み飛ばして下さい。

スポンサーリンク

『ケサランパサラン』とは、どういう存在なのか?

『ケサランパサラン』の“飼育(保管)の仕方”“餌(えさ)の選び方”について触れる前に

どういう存在なのか再確認してみよう。

『ケサランパサラン』は、伝説上の生物や動物、または植物など様々な“説”が語られているのだが

“人の運気”に影響を与える「妖怪」や「妖精」に近い存在として扱われていることが多い。

いずれにしても、『ケサランパサラン』は“命ある存在”であるという可能性が高い。

寿命が尽きることもあれば、枯れていくこともある“生き物”と考えられているのだ。

そういった認識や気持ちが「ある」のと「ない」のとでは扱い方も大きく変わってくるので

大切に育てる心で接していこう!

スポンサーリンク

『ケサランパサラン』の飼育(保管)の仕方!!

見つけると幸せになるという『ケサランパサラン』には“年に1度しか見てはいけない”という言い伝えがある。

2回以上見たり、他人に見せると効果がなくなるという説があるからだ。

そして、飼い方によっては“増殖”したり“成長”することもあり、持ち主に幸福をもたらすと言われている。

そのため、見つけた時にはそっと丁寧に保管しておくことをお勧めしたい。

それではまず保管方法からお伝えしていこう。

保管方法

保管するものについては「桐の箱」を選ぼう。

「桐の箱」には、防湿や防虫・防カビ、防臭といった効果があるので『ケサランパサラン』を飼育するには適した環境となるからだ。

そして、その箱に空気の通る穴を開けておこう。

箱に穴がないと窒息して死んでしまう(枯れてしまう)ため通気をよくしておく必要がある。

大きさについては、少し余裕があるほうがいいだろう。

『ケサランパサラン』の餌について

『ケサランパサラン』は、「白粉(おしろい)」を餌として摂取し増殖や成長をすることがあると言われている。

「白粉(おしろい)」には、“カオリン・タルク・炭酸マグネシウム・酸化亜鉛・コーンスターチ・デンプン”といった

生物が摂取する栄養素が含まれているので、少量を与えておこう。

ただし、香料や着色料の含まれていないものが望ましいのでファンデーションのようなものではなく

天花粉(てんかふん)やベビーパウダーのようなものをオススメする。

「白粉(おしろい)」一部の商品例です。

こちらは無添加の「白粉(おしろい)」です ↓↓↓

この他にも様々な種類の「白粉(おしろい)」があります。
最寄りのスーパーや薬局で買うことができます。

スポンサーリンク

【まとめ】

『ケサランパサラン』を見つけて飼育するならば、「桐の箱」「白粉(おしろい)」を準備しよう。

あくまで個人的な意見だが、生き物として丁寧な扱い方を心掛けるほうが望ましい。

幸福を招くとされる存在を粗末にはできないから。

中には3㎝以上の『ケサランパサラン』もあるらしいので、もしかすると成長するかも(^^)

『ケサランパサランの餌“おしろい”の選び方や飼い方をまとめてみた!!』を、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました