スポンサーリンク

【南関そうめん】猿渡製麺の『白髪そうめん』がテレビで大人気に!!

【南関そうめん】猿渡製麺の『白髪そうめん』がテレビで大人気に!!のアイキャッチ画像です。 トレンド
スポンサーリンク

こんにちはTakatomiです。

2020年8月3日に放送されたテレビ東京系 『世界!ニッポン行きたい人応援団SP』では、およそ1,200年の歴史をもつといわれる

日本最古の“麺”『そうめん』が紹介された!

そんな日本の“そうめん”をこよなく愛するアメリカ人“ミランダ”さんの依頼により訪れたのが熊本県にある『南関そうめん』“猿渡製麺所”

SNS上では、

・南関そうめん食べてみたい!
・めちゃくちゃ美味しい!
・味は最高!!

などと言った感想で盛り上がっている。

そこで今回は、

『南関そうめん』“猿渡製麺所”で作られている『白髪そうめん』についてご紹介いたします!!

夏といえば、やはり“そうめん”!!

私は、そうめんには目がないと言っても過言ではないほど好きなのだ(^^)

そんな私が

・南関そうめんの『白髪そうめん』とは?
・南関そうめんはどこで買えるの?
・そうめんの美味しい食べ方とは?

についてご説明していくので“美味しいそうめん”を食べたいと思っている方は

記事の最後まで、ぜひチェックしていただきたい!!

*いち早く内容を知りたい方は「目次」より読み飛ばして下さい。

スポンサーリンク

そうめんをこよなく愛する外国人ってどんな人?

今回の放送で登場した外国人は、アメリカのニューヨーク州に住む「ミランダ」さん

日本のそうめんを心から愛してるという女性だ。

「ツルツルしたのど越しや、味の美味しさはもちろんですが、この細い麺は本当に芸術的で美しいです!」

とコメントしている。

あまりに好きすぎて、自分でそうめん作りにチャレンジしてしまうほど!!

そんなミランダさんが最も興味があるのが『南関そうめん』。

数ある日本のそうめん製麺所で、唯一 機械を使わずに一つ一つ手作りしているのが『南関そうめん』だ。

スポンサーリンク

『南関そうめん』とは?

『南関そうめん』とは、熊本県南関町の特産品。

超極細でありながら茹でても伸びないほどのコシの強さと、シコシコした歯ざわりが特徴的な深い歴史と伝統を受け継いだ“そうめん”だ。

その歴史は、250年~300年とも言われており、一説によると中国で修行した香川県小豆島のそうめん作りの職人が、その製法を伝えたと言われている。

江戸時代には、参勤交代の際に熊本の肥後藩主が『南関そうめん』を土産物として将軍家・徳川家康公に献上したこともあるのだとか。

現在では、“白髪そうめん”“曲げそうめん”の2種類が製造されており

伝えられた当時そのままの製法で受け継がれているのが“白髪そうめん”。

白髪のように細くなるまで手作業で伸ばした

両切りの極細麺は、その太さがわずか0.2~0.3mm

農林水産省が定めている一般的なそうめんの規格は1.3mm未満。

その差は歴然!!

そうめんは細ければ細いほど高級品となり

機械では決して作ることが出来ないといわれている。

だからこそ、最高の“のど越し”“食感”を味わうことのできる伝統ある“そうめん”が『南関そうめん』なのだ。

ちなみに、現在主流となっているのがそうめんを束ねている“曲げそうめん”だ。

Takatomi
Takatomi

旅の途中に立ち寄った南関町の気候風土がそうめん作りに適していたことから、その製法を伝えたと言われている。

Kanon
Kanon

上質の小麦粉や食用油が産出されていることも“美味しいそうめん作り”の大きな要因ですよね!

スポンサーリンク

唯一無二の秘伝を受け継ぐ“猿渡製麺所”!!

猿渡製麵所の画像です。

南関そうめん作りの最盛期である明治中期には200を超える製麺所があったと言われている。幾つものすだれのように長く延ばしたそうめん干しの光景が至る場所で見られたそうだ。

しかし、機械化が進むにつれて製麺所は相次いで廃業し、一時期では残ったのが“猿渡製麺所”ただ一軒のみ。

つまり、猿渡製麺所の南関そうめんは350年以上経った今でも“伝統”“秘伝”を受け継いだ老舗の製麺所なのだ!

最近では再び『南関そうめん』が注目されたことにより、町内で10軒までに増えた製麺所が昔と変わらぬ“伝統の味”と“製法”を守り続けているというのだから

本当に頑張って続けてほしい!!

そんな“猿渡製麺所”がある場所は、熊本県玉名市南関町

お店の中には、明治時代の「素麺(そうめん)品評会」で“一等賞”を受賞した時の賞状が飾られている。

機械では決して作れない“伝統の味”を、ぜひ多くの方に知っていただきたい!!

伝統の継承者「井川朝香」さんの『白髪そうめん』!!

『世界!ニッポン行きたい人応援団SP』の番組の中で、そうめんをこよなく愛する“ミランダ”さんにそうめん作りを教えたのが“井川朝香”さん。

井川朝香さんは、猿渡製麺所の9代目正統継承者であり、伝統の味と製法を受け継ぐ“南関そうめん職人”だ!!

「完全な手作りの南関そうめん」を昔のままの製法で作り続けている、素麺職人歴65年以上の超ベテラン職人だ。

農林水産省が定める“そうめんの規格”は、断面の直径が 1.3mm以下。

一般的に販売されているそうめんの断面は約1mm程度のものが主流なのだが、

井川朝香さんが作るそうめんの断面の直径は、

なんと 0.1mm!!

まさに“白髪そうめん”といえる!

一般的な量産されているそうめんと比べれば、その差は歴然としている。

針穴にも通せてしまうほどの細さにも拘(かか)わらず、切れたりしないのだ。

それほど、しっかりとしたコシが職人の技術によって生み出されている!

それだけに6人の人出を使っても2日間で200束しか作れない、貴重なそうめんなのだ。

Takatomi
Takatomi

南関そうめんの平均的な細さは0.2~0.3mmなのだとか。
井川朝香さんの作る超極細の白髪そうめんを食べれるのは猿渡製麺所だけ!!

スポンサーリンク

南関そうめんはどこで買えるの?

今回ご紹介した『南関そうめん』は、店頭での販売とお取り寄せも可能だ。

ただし、注文が殺到する夏場は数週間待ちといったことも起こりうるので注意してほしい。

猿渡製麺所 店舗情報

店舗名 :猿渡製麺所
TEL    :0968-53-2106
住所  :〒861-0803 熊本県玉名郡南関町1417
アクセス:高速 南関インターを降りてすぐ
価格  :『雪の糸素麺』
     5束 1,350円(税込)
     10束 2,700円(税込)
     18束 4,428円(税込)
     24束 5,940円(税込)  など

猿渡製麺所 店舗周辺マップ

猿渡製麺所 以外の店舗

問い合わせ先

綾田製麺所
TEL:0968-53-2290
ホームページ:http://ayataseimen.com/

片山製麺所
TEL:0968-53-0829

まつお製麺所
TEL:0968-53-3771
ホームページ:http://matsuoseimen.com/

竹製麺所
TEL:0968-53-0107

田中製麺所
TEL:0968-53-0668

奈良原製麺所
TEL:0968-53-0551

松尾製麺所
TEL:0968-53-0519

坂口製麺所
TEL:0968-53-1518
ホームページ:https://nankansoumen.net

ネット通販でも購入が可能!!

『南関そうめん』は、大手ネット通販サイトでも購入が可能だ。

通販サイトはコチラ↓↓↓

楽天市場『南関そうめん』

お中元にもオススメな『南関そうめん』

そうめんは、常温で湿気のない場所で保管すれば3年間保存できます

スポンサーリンク

南関そうめんの美味しい食べ方とは!?

猿渡製麺所の井川朝香さんオススメの調理方法をご紹介しよう。

1.沸騰した鍋に『南関そうめん』を入れ、ひと煮立ちしたところでボールなどにうつす。

2.そのゆで時間は約30秒。

3.水の入った入れ物にいれて、サクランボやきゅうりを添える。

これで、出来上がり!!

ちなみに、そうめんといえば氷を入れがちだが冷やしすぎると小麦の風味が失われるためオススメはしないらしい。

つゆの絡みと、のど越しが別格な『南関そうめん』を

ぜひ味わってみよう!!

スポンサーリンク

南関そうめんの口コミや評価は?

こちらは『南関そうめん』に関する感想です↓↓↓

上記の投稿は一部ですが、のど越しや味の良さについての感想が多いようだ。

スポンサーリンク

【まとめ】

『南関そうめん』とは、極上の“のど越し”“味わい”が楽しめる究極のそうめん。

一つ一つ手作りにこだわった“猿渡製?所”の『白髪そうめん』は、まさに別格!!

夏の暑い時期に、するりと喉を通るそうめんの味はたまらない一品。

超極細にもかかわらず、しっかりしたコシが味わえる

『南関そうめん』を、ぜひチェックしてみよう!!

『【南関そうめん】猿渡製麺の『白髪そうめん』がテレビで大人気に!!』を、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 【南関そうめん】猿渡製麺の『白髪そうめん』がテレビで大人気に!!超極細でありながら茹でても伸びないほどのコシの強さと、シコシコした歯ざわりが特徴的な『南関そうめん』。究 […]

タイトルとURLをコピーしました